FXなどのレバレッジ機能のある証拠金取引ではロスカットに注意

FX取引という言葉を聞いたことのない人は今ではいないのではないでしょうか。
FX取引とは日本語で外国為替証拠金取引といいます。
英語の「Foreign eXchange(外国為替)」の頭文字をとって「FX」と呼ばれます。

そして、「CFD(Contract for Difference)」の一種です。
CFDとは日本語で「差金決済取引」と訳されたりします。
名前からわかるとおり買いと売りの相場の差で収益を上げることが出来る取引契約です。

FX取引は一定の拠出金を収めるとその数倍の額の取引が可能です。
このように元本の何倍もの取引が出来ることをレバレッジ(てこ)機能があるといいます。
FX取引などの証拠金取引はこのレバレッジ機能があるので人気が高いのではないのでしょうか。

一般の個人投資家の多くは投資に必要な巨額のお金を用意できません。
ですが、FX取引などの証拠金取引では比較的少額の証拠金を用意すればレバレッジ機能で大きな金額の取引が可能になります。

ここで注意したいのが、大きな金額で取引することはもし損出が出た場合、その損出も巨額になる可能性があるということです。
この為、多くの業者のシステムにはロスカット・システムというものが付いています。
損出が一定額以上になると自動的に決済が行われて損切されてしまうというものです。
これならば損出が出ても巨額の損出に膨れ上がることがなく安心です。


No Responses to “FXなどのレバレッジ機能のある証拠金取引ではロスカットに注意”




By submitting a comment here you grant アバクロライフ a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.