FXでは政策金利の高い通貨からスワップポイントが得られる

Written on 5月 15, 2016 at 12:00 AM, by admin

FX取引とは正式名称「外国為替証拠金取引」。
これはCFDと呼ばれるデリバティブ商品の一種です。
CFDとは「Contract for Defference」という英語を短縮した省略語で、日本語では「差金決済契約」などと呼ばれています。

別の表現を用いると「相場の差額から利益を得る」取引であるとも言えます。
CFDの取引対象は日経株価平均など日本の株式や社債、ニューヨークダウなどの外国の株式や社債のインデックス、商品先物、外国為替などです。

FX取引は外国為替が対象となります。
利益の出し方は、普通であれば外国通貨を安く買って相場の変動で高くなった時に売り決済をして利益を出します。
つまり通貨の売買差から収益を出すのが中心となります。

しかしFX取引ではもう一つ収益を出す方法があります。
それは「スワップ・ポイント」と呼ばれます。
「スワップ・ポイント」というのは交換する通貨の金利差から得られる利益のことです。

分かりやすく説明しましょう。
政策金利の高い国の通貨を買う事を予約するとします。
これを買いのポジションを取ると言います。
この買いポジションを持ったまま営業日を繰り越します。
すると決済の時点で繰り越した日数分だけ売った通貨の金利と買った通貨の金利の差額を得ることができます。

このためFX取引では相場の変動だけでなくトルコやニュージーランドのように政策金利の高い国の通貨が関心を集めます。

トラリピというトレード手法なら細目に確実に利益を出せる

Written on 5月 11, 2016 at 12:00 AM, by admin

FX取引というとハイリスク・ハイリターンのイメージがあると思います。
しかし「トラリピ」というトレード手法をも使うとローリスク・ローリターンにすることも可能です。
ローリターンをリピート(繰り返し)することで細目に利益をだし中長期的にハイリターンにすることが出来ます。

FX取引は外国為替のトレード(取引)ですが外貨預金のように利息で高利回りの利益を出すのではありません。
買いと売りのトレードの時点の価格差から利益を出して行く取引です。

相場変動を利用したトレードの時点での価格差で利益を出すものですから買いや売りのトレードのタイミングが重要です。通常は安く買って高く売ればその差額から利益を出すことが出来ます。より詳しいプロセスは「FXを始める前におすすめなサイト」のココを見てください。

FX取引ではあらかじめいくらで買っていくらで売ると言う相場でトレードのタイミングを予約することが出来ます。
これは英語で「IF・DONE(もし~ならば、~しろ)」とも呼ばれます。
例えば「IF(もし)」1ドル100円ならば「DONE(買え)Xドル買え、そして「IF(もし)」1ドル120円になったら「DONE(買え)Xドル売れ、という感じです。

この買いと売りのパターンをトラップ(罠)を仕掛けるなどと言います。
FX取引ではこのトラップのパターンをリピートしたトレードを一括して発注できます。
これはトラップ・リピート、略して「トラリピ」と呼ばれています。

「トラリピ」は、細目に利益を出すトレード・パターンで、損出が出ても一回の損出額は小さくできます。
細目に利益を出すトレード・パターンをリピートしリスクを減らし長期で多くの利益を出すトレード手法です。

値動きで自動決済するトラップ・リピートが関心を集める理由

Written on 5月 3, 2016 at 12:00 AM, by admin

FX取引とは外国為替を取引対象にしたCFD(差金決済契約)の1つです。
差金決済契約では対象商品の買いの時点の価格とそれを売って決済する時の価格の値動きから収益を出す取引契約です。

投資からの収益にはインカムゲインとキャピタルゲインと言うのがあります。
インカムゲインと言うのは株へ投資して配当を受けるとか外貨預金して利息を受け取るとか元本から得られる収益のことです。
キャピタルゲインとは株や外国通貨などを安く買って値動きを利用して高く売った時に得られるような差益のことです。
FX取引はもちろん後者です。

FX取引ではこの安く買って高く売り決済するという手続きを自動化できます。
これは別称、イフ・ダン(IF・DONE)です。
例を挙げてみます。
仮に(IF)、特定の通貨の値動きが特定の金額(例えば100円)になったら買う、そしてそれが値動きによって特定の金額(例えば110円)になったら(DONE)売って決済する、とあらかじめ契約します。

これはトラップ(罠)を仕掛けるなどとも言います。
通常は相場値動きに山をはってこのトラップをリピート(繰り返し)します。
これは一般にトラップリピートと呼ばれます。
略してトラリピです。

トラップ・リピートは細目に値動きから差益を出す方法なので損出が出ても少額で収まります。
しかも一括して注文できるので忙しい投資家などにも便利です。

FXではテクニカル分析を用いたトラップ・リピートが有効

Written on 4月 27, 2016 at 12:00 AM, by admin

FX取引とは日本語で外国為替証拠金取引といいます。
一定額の証拠金を拠出することで拠出金の何倍もの取引が可能な取引契約です。

FX取引はCFD(差金決済契約)の一種です。
CFDでは日経225のような国内の株や社債のインデックス、ニューヨーク・ダウのような海外の株式や社債のインデックス、先物商品、外国為替などが取引の対象になります。

FX取引はこのうち外国通貨、つまり外国為替が取引の対象になります。
差金決済取引ですから通常、買いから始まり売りで決済し相場の変動を利用して収益を出します。
このため、FX取引は通常相場変動を時系列で表したチャートを分析するテクニカル分析が多用されます。

一定の額で買って一定の額で売るということをあらかじめ契約することをトラップ(罠)を仕掛けると言います。
これはイフ・ダン(IF・DONE)とも呼ばれます。
つまり、例えば「もし」相場がX円/ドルになったらドルを買い、そして「もし」相場がY円/ドルになったらドルを売り決済すると自動で売買することをあらかじめ契約します。

この時通常は時系列チャートを分析するテクニカル分析で相場の動きに山をはります。
これは仕掛けるとかシナリオを作るなどとも言います。
多くはこのトラップを繰り返すことで細目に収益を出すと言うパターンがとられます。
これはトラップ・リピートと呼ばれる手法です。
略してトラリピと呼ばれたりもします。

FX投資システムはトレーダー保護の機能も付いている

Written on 4月 18, 2016 at 12:00 AM, by admin

FXというのは「Foreign eXchange(外国為替)」の略です。
現代では、FXと言った場合、Foreign eXchange Trading(FX取引)を指すのが普通です。
これは日本語では「外国為替証拠金取引」などと訳されています。

このFX取引は「CFD(差金決済契約)」の一種です。
CFDの取引対象には国内、国外の株式や社債のインデックスや先物商品などがあります。
この中でFX取引は外国為替を取引対象にしたものです。

名前から想像が付くように買いと売りの時点での相場差で収益を出す取引契約です。
FX取引は証拠金取引ですので投資家であるトレーダーは一定の証拠金を用意するだけでその数倍の額の売買が可能です。
人気の秘密はこの点ではないでしょうか。

個人投資家などの一般トレーダーは投資の為の大きな金額をなかなか準備できません。
しかしこれならば比較的少額の元本を用意すればその数倍の取引が可能です。

しかし大きな金額で取引するということは損出が出た場合もそれが巨額になるということです。
投資は全てハイリスクハイリターンというのは鉄則です。
トレーダーは常にこのことを心掛けて早めに損切することで短期の損出を減らして長期の利益を確保するようにすることが大切だと思います。

FX取引のシステムでは自動ロスカットという機能が付いています。
この機能はトレーダーが損切せずに損出額が一定額を超えると強制的に決済が行われ取引を終了するシステムです。
これは投資家、トレーダーを保護するシステムであるとも言えます。

FXなどのレバレッジ機能のある証拠金取引ではロスカットに注意

Written on 4月 5, 2016 at 12:00 AM, by admin

FX取引という言葉を聞いたことのない人は今ではいないのではないでしょうか。
FX取引とは日本語で外国為替証拠金取引といいます。
英語の「Foreign eXchange(外国為替)」の頭文字をとって「FX」と呼ばれます。

そして、「CFD(Contract for Difference)」の一種です。
CFDとは日本語で「差金決済取引」と訳されたりします。
名前からわかるとおり買いと売りの相場の差で収益を上げることが出来る取引契約です。

FX取引は一定の拠出金を収めるとその数倍の額の取引が可能です。
このように元本の何倍もの取引が出来ることをレバレッジ(てこ)機能があるといいます。
FX取引などの証拠金取引はこのレバレッジ機能があるので人気が高いのではないのでしょうか。

一般の個人投資家の多くは投資に必要な巨額のお金を用意できません。
ですが、FX取引などの証拠金取引では比較的少額の証拠金を用意すればレバレッジ機能で大きな金額の取引が可能になります。

ここで注意したいのが、大きな金額で取引することはもし損出が出た場合、その損出も巨額になる可能性があるということです。
この為、多くの業者のシステムにはロスカット・システムというものが付いています。
損出が一定額以上になると自動的に決済が行われて損切されてしまうというものです。
これならば損出が出ても巨額の損出に膨れ上がることがなく安心です。